なぜ、複業(副業)したほうがいいのか?収入を増やすときのポイント。セブンポケッツとは?“お金のポケットが増える「スゴイ!稼ぎ方」”山崎拓巳

気ままなコラム

2018年の発売時に、この本を買って読んで、「たしかにー!!!」と思って、収入源を増やすことを決めました。

新型コロナウイルスによって、この考え方が、改めて腑に落ちました。

それは、本業のみで稼ぐと、万一のときのリスクが大きいので、本業と副業を組み合わせて稼ぐことで、リスクが分散化されるということ。

収入源が1つだと、リスクヘッジが難しい。

ようやく働き方改革も一般的になり、複数の収入源を持っていることが当たり前になりつつあります。
その中で、新型コロナウイルスのパンデミックにより、
「勤務時間削減による給料減少」
「自粛モードによる外出・外食頻度減少のため飲食店や商業施設の売り上げ低下」
「エンターテイナーやアーティストの公演中止により収入が途絶える」
さらには、「経営不振により閉店」「リストラ」「ボーナスカット」「新卒者内定取り消し」など、
一つの収入源のみでまかなっていた場合、リスクヘッジが難しいことを実感した人も多いはず。

今回は収入面での影響を受けなかった業種でも、次に何かが起きたときに我が身かもしれないと不安を抱いている方も多くいると思います。

リーマンショックの時期から多くの人が口にするようになった「セブンポケッツ」

「スゴイ!稼ぎ方」より

私は、この図がとってもしっくりきて、1つの収入源の金額を増やすのではなく、ポケットの数を増やすことを決めました。
私は看護師なので、看護師としての収入を増やすというのは、単純に労働時間を増やすことになってしまうので、もともと現実的ではなかったのですが。

合計いくらあると安心な金額なのか、自己実現ができる金額なのかは、人それぞれ違うと思います。
本業は今の生活のため、副業は未来のための蓄えや資産運用のためという考え方もあるでしょう。
自分自身の人生における予算を、これを機に考えてみるのも良いと思います。

少額でもいいので、まずはポケットを増やす

今の仕事をしながら、すきま時間でも可能なポケットを作っていきます。

自分には何ができるのか
自分の得意なことでお金を生み出すためにはどうしたらよいか
これなら苦痛にならずに続けられそう
すでに複数のポケットを持っている人に一緒に考えてもらおう

などなど、手段を自分で考えてみると、月数千円〜数万円の収入が、現実的な数字になってきます。

最初から「自分には無理」と言う方もいますが、本当に無理?考えてみたことある?考えてみたことがないから、無理だと思うんじゃないかな?

動き始めると、いろんな歯車が回り出す

自分が変化したことによって、情報収集のアンテナが立つので、集まる情報の質や量が変わってきます。
そして、出会う人も変わってきます。

意外と、副業で得た知識が本業で活かされたり、副業で身につけたスキルが本業でも役に立ったり、プラスのスパイラルにハマり始めました。

そうすると、「おもしろい人物」「変化している」という認識をされることが多くなるので、また情報の質や量が変わってきます。

このゾーンに入ってしまえば、2個目や3個目のポケットの候補が自然と登場してきて、1つのポケットの収入額も増えてきて、本業のみの時には想像していなかった自分に変化してきます。

自分をブランディングする時代

すでに、どの会社に勤めているか、どの組織の一員か、での評価ではなく、個人がどう生きるかの時代になっています。

この本は、「スゴイ!稼ぎ方」という題ですが、読んでいると、自分のブランディングの方法、生き方の選択肢を学ぶ方法が、書かれていました。

高齢化社会で、社会保障には頼れない、終身雇用ではない、定年年齢が上がり年金受給年齢も上がり、自分でどうにかしなければいけないと多くの人が気付き始めた中での、新型コロナショック。
今、動き出すか、何もしないかで、これからの生き方が大きく左右されるのでは?

自分では何をどうしていいのかわからないという方は、この本を読んで、ヒントを得てみてください。
すでに2個目のポケットがある方や、試行錯誤中の方は、頭をスッキリさせられると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました