話題の遺伝子検査でダイエットや健康維持。遺伝子カウンセリングの価格の差が大きいのはなぜ?

気ままなコラム

Well-Being DNA Food 1級の資格を取得し、個人事業として遺伝子カウンセリングのお仕事もしています。
ジム、エステ、美容室や、ネットでも遺伝子検査をして、自分の体質を知ることができるようになってきています。
よく友達に聞かれるのは、
「価格がすごく違うんだけど、なんでこんなに違うの?」
「選び方ってあるの?」

健康のためにお金をかけるなら、安全で安心なものを選びたいですよね。
友達に解説すると、「なるほど!知ってよかった!」と言われることが多いので、簡潔に紹介したいと思います。
「この会社のコレがいいですよ」とは明記しません。
このページ内に遺伝子検査に関する広告が出てくることがあるかもしれませんが、私のオススメが広告として出てくるわけではないのでご注意を。
選択する際の知識として、参考にしてもらえればと思います。

遺伝子カウンセリングとは?

「遺伝子カウンセリング」や「セルフコードコンディショニング」などといわれていますが、なんのために、なにをするのか、ご存じでしょうか?
同じような食生活や運動をしていても、体型に差があったり、異なる生活習慣病になったりしますよね。
流行りのダイエットをして、効果がある人とそうでもない人がいますよね。
本来の体質=DNAの特徴によって、得意なことと不得意なことがあるのです。
その特徴が明らかになったうえで、健康維持やダイエットの方法を考えることができたら、とっても効果的♪

私が取得した資格は、食に関する遺伝子のみの検査・カウンセリングの資格ですが、
パーソナルトレーナーの方でセルフコードトレーナーの資格をお持ちの方は、運動に関する遺伝子も検査・カウンセリングできる方もいます。

遺伝疾患について検査する「遺伝カウンセリング」とは全くの別物ですので、医療の領域ではありません。

なぜ、価格に大きな差があるの?

1.検査項目の違い

いわゆる「肥満遺伝子」と呼ばれている3項目だけのものと、
私が提供している「肥満遺伝子」3項目+満腹中枢+抗酸化作用で5項目のものと、
私の師匠が提供している運動遺伝子も含めた9項目のものでは、
もちろん価格が同じなわけがありません。
検査項目を見てみましょう。

2.どのように解析しているのか

・機械で1回の解析
・機械で2回の解析
・人の手で1回の解析
・人の手で2回の解析
どれが一番信憑性が高い結果となると思いますか?
実は、機械よりも人の手の方が、信憑性が高い結果となるようです。
そして、1回の解析で結果を出されるよりも、
2回解析して、万が一、違う結果が出た場合は再度解析し、2回とも同じ結果が出たものを検査結果として送ってくれるほうが、信憑性が高いことは、わかりますよね?
機械解析よりも手作業、解析回数は1回よりも2回、のほうが、コストがかかりますから、価格にも差が出てきます。
せっかくお金をかけて検査をするのですから、信憑性の高い結果が得られるほうが良いのではと私は考えています。

3.検査をする機関がどこにあるのか

日本の企業や、日本の団体・個人がお申込みを受け付けているからといって、検査機関が日本であるかどうかは、わかりません。
人件費の低い国で検査をしている可能性もあります。
もちろん、日本国内での検査機関で、大きな企業であるがゆえ検査コストを下げることができている場合もあるので、価格が安いからといって怪しいわけではありません。
日本国内であろうと、海外であろうと、信頼できる検査機関が明記されているものを選んだ方が良いです。

4.検査結果の解説やその後のサービス

①検査結果パターンに応じた冊子が送られてくる

検査結果は、検査結果に応じてパターンができるので、パターンごとに冊子が作られていて、その冊子が送られてくるというものもあります。
あらかじめ作られているので、コストを抑えられるため、価格が安くなりやすいですよね。

②マンツーマンのカウンセリングやアフターフォローがある

普段の食生活を問診し、どのようになりたいか希望を聞きながら、遺伝子検査の結果を踏まえて、個人的にカウンセリングするとなると、価格は高めになります。
月会費でジムに通うより、パーソナルトレーナーを付けてトレーニングするほうが、費用が多くかかるのと似た感覚ですね。

③検査は安く→自社の製品やサービスの購入

ジムやエステでは、遺伝子検査を安く受けられる場合が多いです。
遺伝子検査の結果を踏まえて、こんなサプリがいいですよ、このエステコースがオススメです、ジムに通って運動しましょう、など、遺伝子検査は入口であって、その後の製品販売やサービス契約がメインである場合もあります。
ジムやエステを、もともと活用するつもりでしたら、遺伝子検査を受けたうえで実践したほうが効果的です。
活用するつもりがないのであれば、そんな可能性もあるということを頭の片隅に置いていただければと思います。

個人情報保護について

遺伝子は、最も重要な個人情報です。
安易に他人に受け渡してはいけません。
もしも、海外の個人情報保護についての法律がない国で検査されていた場合、その検査結果や検体の保管は、どのようになされているのでしょうか?
もしも、遺伝子検査を請け負っていた会社がなくなったら、検査結果や検体の保管は、どのようになされるでしょうか?
不明瞭です。
遺伝子カウンセリングが日本でも多く扱われ始めた時に、遺伝子カウンセリングを取り扱っている会社について調査されていましたが、半年で会社を閉めていて個人情報保護がわからなくなっている例も多いというニュースも流れていましたよね。
あなたの最も重要な個人情報なので、信頼できる人、信頼できる検査機関であるかどうかは、十分検討しましょう。

話題だから、流行りだから、と、安易に価格だけで選択せずに、このようなことも選択する要素として検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました