スポットウォーキングさっぽろ

ボランティア

「スポットウォーキングさっぽろ」は、どんな活動をしているの?

車椅子利用者やそうでない方が一緒に街を歩き、不便さや気付いたことを発信する活動や、車椅子で実際に利用した飲食店やトイレ情報などを、WEB上や冊子で、写真付きで紹介しています。

街中スポットウォーキング

街中を「フツーに楽しむ」中で気付きを見つけ、発信する活動。

例えば、創生スクエアがOPENした時は、
11:00 集合・自己紹介
11:15 創生スクエア散策
13:30 移動
14:00 新規協賛店の撮影
15:00 解散
こんな感じで、車椅子利用者とそうでない方が一緒に街を散策します。

車椅子の方と一緒に街を歩くと、普段なにげなく通過している場所も、「こんな不便があったのか」「こんなわずかな段差も通行障害になるのか」「このテーブル配置では利用が難しいな」など、気付くことがたくさんありますよね。

私自身は、看護学生時代に居宅ヘルパーの有償ボランティアをしていたことがり、脳性麻痺の方の車椅子を押して街を歩き、地下鉄に乗って自宅まで同行したことがありました。

車椅子を押して街を歩くと、
・少しの傾斜でもタイヤを取られて傾斜を下っていってしまう
・小さな段差が、思って以上に大きく感じる
・通路の障害物がとても邪魔
・車椅子用トイレなのに、ただスペースが広いだけで配置が介助しにくい
・映画館の車椅子スペースは前すぎて画面が近すぎるので、リクライニング車椅子じゃないと首がきつい
・絨毯は車椅子で進むのが大変
などなど、発見がたくさんありました。
そうすると、一人で行動している時にも、気にかかることがでてきました。

一度でもこういう経験をすると、意識がガラリと変わります
車椅子を利用している方が、街中スポットウォーキングをきっかけに外出を楽しむことができるのも素敵です。
街で車椅子の方を見かける頻度が増えると、そこで暮らす方々にも、いろんな補助具を利用しながら生活している人がいるということを認識してもらえます。
街中スポットウォーキングに参加した方は、普段はなにげなく過ごしている環境に、こんな不便があったんだと気付くきっかけにもなります。
利用したお店や施設は、バリアフリーの視点での意見をもらえます。

車イスでも入れる美味しいお店

実際に利用した口コミや写真付きで、飲食店の検索ができます。

ジャンルから探す

ジャンル別でのお店検索ができるようになっています。

用途から探す

どんな用途でお店を利用したいかでも、検索できるようになっています。

ユニバーサル対応状況から探す

車椅子を利用している人が実際にお店を使ってみてから、お店情報が載せられているので、安心ですね。

多目的トイレマップ

なんとGPSで現在地から近い多目的トイレを検索できます。
こちらも、ユニバーサル対応情報や写真付きです。

札幌で生活している補助具利用者のみならず、札幌に観光に来る方や外出行事を考える医療福祉関係者にとっても、便利なツールです!
https://spotwalking.com/

一般社団法人
スポットウォーキングさっぽろ
https://spotwalking.com/
代表 平間栄一
〒063-0802
北海道札幌市西区二十四軒2条5丁目4-1
シンシア二十四軒2階
TEL:011-676-5757
FAX:011-676-5798
携帯:090-5984-9133
Mail:info@spotwalking.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました